●リサイクルをしよう●

「ごみ」のリサイクルって?

いままでのおはなしのように、ごみの処理しょり極力きょくりょく リサイクルします。
これは、ごみのりょうをへらすことにもつながります。
だ・け・ど、リサイクルするためには 分別ぶんべつ」 しないとだめなんだよ。
それとともに、ごみを発生はっせいさせなくする努力どりょくもしなければいけません。

その方法ほうほうとは・・・発生抑制はっせいよくせい(リデュース)・再使用さいしよう(リユース)です。
こ・れ・を・・・3R(リデュース・リユース・リサイクル)といいます。

   ●3Rとは....●

みんなも「リサイクル」とか「リユース」とかテレビやほんでみたりきいたりしたこと一度いちどくらいは、あるんじゃないかな?
3Rとは、「リサイクル」・「リユース」に「リデュース」をくわえた、わたしたちができる地球ちきゅうにやさしい3つのおこないのことをいうんだよ。
ひとつずつ説明せつめいするから、じっくりよんでみてね。

■リサイクル( 再生利用さいせいりよう )■
「リサイクル」というのは、いらなくなったものを“すててしまう”のではなく、種類しゅるいごとにわけてあつめもう一度いちど再利用さいりようする”ことです。
身近みじかなものだったら新聞紙しんぶんし牛乳ぎゅうにゅうパック・ペットボトル・空缶あきかん衣類いるいなどがそうです。 さらにこまかくわけるとリサイクルはその再生方法さいせいほうほうによって3つの分類ぶんるいがあります。
1.マテリアルリサイクル(ビン・カン・かみてつ家電かでん分別ぶんべつされてあつめられたごみを原材料げんざいりょうとして再利用さいりようするリサイクルのこと をいいます。わかりやすくいえば、ジュースをのみおわったアルミ かんから、ふたたびアルミ製品せいひんつくることをマテリアルリサイクルとよびます。
2. ケミカルリサイクル(ペットボトル) 分別ぶんべつされてあつめられたごみを化学的かがくてき分解ぶんかいするなどして製品せいひん原材料げんざいりょう再利用さいりようするリサイクルのことをいいます。
わかりやすくいえば、ジュースをのみおわったペットボトルを化学的かがくてき分解ぶんかいして繊維原料せんいげんりょうをとりだし、みんながきている洋服ようふくつくったりすることをケミカルリサイクルとよびます。
3.サーマルリサイクル(プラスチック〔RPF〕) いろいろな 素材そざいからできているものや、よごれがひどくてほかのリサイクルができないものを焼却しょうきゃくすることによってエネルギーを回収かいしゅうするリサイクルのことをいいます。
代表的だいひょうてきなもので、ごみ発電はつでんなどがそうです。また温水おんすいなどの熱源ねつげん冷房用れいぼうようのエネルギーとして利用りようすることもあります。
■リユース( 再使用さいしよう )■
「リユース」とは、いらなくなったものをごみとしてすててしまうのではなく、あらったりなおしたりしてもう一度使いちどつかえるようにすることです。 代表的だいひょうてきなもので、ビールびん牛乳瓶ぎゅうにゅうびんあつめて、きれいにあらふたた利用りようすることなどです。
また自分じぶんにとってはいらなくてもほかのひとにとってはほしいものかもしれません。
たとえば古着ふるぎ中古品ちゅうこひんなどの、リサイクルショップ・フリーマーケットなども立派りっぱなリユース活動かつどうひとつといえます。
■リデュース( 発生抑制 はっせいよくせい )■
最後さいごは、「リデュース」です。リデュースとは、ごみそのものをできるだけださない、ムダなものはかわない、そしてかったものを大事だいじにしてなが使つかうなど、みんなの生活せいかつのなかから見直みなおしていけるかんがかたです。
みんながリデュースをこころがければごみそのものがへるわけですから地球ちきゅう一番いちばんやさしく、なおかつ3Rのなか一番手軽いちばんてがるにはじめれるものがリデュースです。
みんなもふだんから「リデュース」をこころがけましょう。
■さらにすすんだ『5R』■
また『3R』に「リフューズ(Refuse)」「リペア(Repair)」を くわえた『5R』というかんがかたもあります。 「リフューズ」は、いらないもののうけとりをことわかんがかたで、「リペア」はこわれたものをなおして使つかかんがかたです。