かんのリサイクル
缶のリサイクル
缶処理工程かんしょりこうてい
1.収集車しゅうしゅうしゃ回収かいしゅう
収集車で回収収集車で回収

みんなのまち会社かいしゃやおみせからかん回収かいしゅうします。

2.選別作業せんべつさぎょう
選別作業選別作業

ひとのてや機械きかい磁石じしゃくちから電気でんきちから使つかう)を使つかってスチールとアルミのかんにわけてごみなどをとりのぞきます。

3.プレス(かためる)
プレスプレス

機械きかい使つかってつぶしてスチールとアルミそれぞれかたまりにします。

4.はこ
運ぶ

大型おおがたトラックなどでわけられた種類しゅるいごとにリサイクル工場こうじょうはこびます。

スチール缶処理工程かんしょりこうてい
アルミかん処理工程しょりこうてい
5.とかす
アルミ缶

プレスされたアルミなどはかまにいれてねつでとかします。




5.とかす
スチール缶

はこばれてきた材料ざいりょうは、おおきなかまにいれられて、電気でんき使つかって火花ひばなをだして1600℃ぐらいにしてとかします。 (電気炉でんきろ場合ばあい
てつにもいろいろ種類しゅるいがあるので、とけているうちに、つくりたいてつ性質せいしつになるように成分せいぶん調整ちょうせいします。

6.かためる

とけたアルミをかたながしこんでひやしてかためます。



6.のばす

とけたてつかたながしこんで、ある程度固ていどかためたあとあつねつしてからおしてのばしたりして、いたぼうかたちにします。
ジュースのカンなどのてつ使つかったいろいろな製品せいひん材料ざいりょうになります。

7.製品せいひん出来上できあがり

できたアルミを材料ざいりょうにして、かしてかためたり、のばしたりしていろいろな工場こうじょう製品せいひんつくられます。




7.製品せいひん出来上できあがり

もともとてつ鉄鉱石てっこうせきといういしをほとんど外国がいこくからせてかしてつくります。
でも、いらなくなったてつ製品せいひんをリサイクルしてつくるほうが効率こうりつがいいので、地球温暖化ちきゅうおんだんか原因げんいんになる二酸化炭素にさんかたんそりょうすくなくてみ、環境かんきょうにはやさしいリサイクルの方法ほうほうなのです。

8.地球ちきゅうにやさしいリサイクル
地球にやさしいリサイクル

アルミはボーキサイトという鉱石こうせきからつくります。鉱石こうせきからつくるのには、大量たいりょう電気でんき使用しようします。
しかし、いらなくなったアルミやアルミかんなどをリサイクルすれば、エネルギーはボーキサイトからつくったときの3パーセントぐらいですむとわれています。
使つかうエネルギーがすくなければすくないほど、地球温暖化ちきゅうおんだんか防止ぼうしには役立やくだつのです。

資料提供会社(五十音順)
潟Cージーエス今治加工・潟Jネシロ・金城産業梶E牛イ々木産業・挙c代商店・樺髀シサービス・帝人興産梶E平林金属
松山容器